スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動休止してしまったバンドに心底悲しみを覚えたことは1度しかない
あのころたぶんJAMが自分のすべてだった

それ以来あらゆる好みの音楽を頭に入れ続けて楽しんでは踊り
その中でやはり消えて行ったバンドやアーティストも少なくはない

しかしあれから変わったと思える自分の一箇所は
ただその圧倒的な音が残った箱が自分の中に生まれたということ

残ってさえいれば忘れることはない
思い出せなくても忘れることなんてない

一人でも音楽を続けていれば喜んでそれに飛びつくこともできる
またそうして思い出すことだってある


ELLEGARDENが活動休止を発表し
個々がそれぞれのバンドに分かれていったのを知ったとき

やはりその中に残っているものがあって
いつでも思い出せるようにしていた曲があった

だけど、ある意味ではそれが納得にも近いものが
いま自分のなかにある

決して偉そうなことを言いたいわけではないが

あのバンドでは絶対にこの音は出なかっただろう、と
これを聴けばそう思わされるまでの理由を感じざるを得ない


だからこそ、the HIATUSの出す音は
とにかく鳥肌が立つまでに恐ろしい

彼の思索の途中であろうともやりたかったものとわかる音が
すべて放り投げられてくるから


これを聴いている自分がその恐怖よりも何よりも
この先を聴きたくてたまらなくなっている

ELLEGARDENにではなく
細美武士に期待していたのはこれだったような気さえする

より素敵で爆発的であると感じるのは決して自分だけではないだろう
初めてELLEGARDENを知ったとき以上の恐ろしい音が生み出されている






スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tomorrowland1206.blog54.fc2.com/tb.php/220-e03916ab
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Twitter




プロフィール

山田

Author:山田
E鯖war民、BSQ遅番の下のほう
深夜のBloody awfulな誤爆には定評のあるうp主

時々ドラムを叩いたりフットサルしたり映画と音楽と書籍にうつつをぬかすやりすぎうp主

実態はテラオーバーエイジ大学院生(就活中)のうp主

更新停止中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © 山田
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。